「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2013年2月25日月曜日

『さぁ のはらへいこう』上映会予告

3月に自主保育の映画を上映することになりました!
 
メンバーで試写をしたのですが、
美しい里山や、鎌倉の海とたわむれる子どもたちの姿に魅了され、ときに笑い、
年齢が上がるごとに深まっていく子どもどうしの関係を、ときに息をつめて見守った2時間でした
 
子育て中のパパママのみならず、おじいちゃんおばあちゃんや、保育に携わる方、地域の方、
みなさんに観ていただきたい映画です
 
わたしたちぺんぺんぐさは、
自主保育という子育てのあり方をもっとみなさんに知っていただくとともに、
子育て世代だけでなく地域のみなさんとのつながりを強くし、
これからも青葉区で活動していきたいという気持ちでこの上映会を企画しました
 
おひとりでもたくさんの方にご覧いただけると嬉しいです
 
午前の部(前売り・当日券ともに)完売のお知らせ
 
午前の部はご好評につき完売いたしました!!


※午前の部の当日券は、会場の安全を考え販売を控えさせていただきます。
当日参加を考えていらっしゃった方には、まことに申し訳ありません。

☆午後の部も残り少なくなりました。

 
 
 
 

 2013年3月10日(日) 青葉台地域ケアプラザ多目的ホール

 

                午前の部:10:00~12:00(開場9:40) 

~12:10から13:30まで、上映会場にてぺんぺんぐさの活動報告&座談会します(無料)~

                 午後の部:14:10~16:10(開場13:50)※小学生以上のみ

 

大人:前売り800円/当日1000円、小学生:前売り400円/当日500円、未就学児無料

 
問い合わせ TEL:080-1127-1707(森) Email:penpennohara@gmail.com
 

*詳しくは、上映会のお知らせをごらんください

定例MT

上映会直前のMTは、当日の流れや役割分担など、確認することがたくさん…
そんな中思いがけなく飛び出した、メンバーの葛藤する気持ちに、他のメンバーの気持ちも揺り動かされました。
なんでも言い合える仲に、と言いながらも、相談できずに抱えてしまっていた。
大事な仲間だから、少しさみしい気持ちににはなったけれど、それを上映会の前にちゃんと打ち明けてくれて、私たちもいよいよほんとうに大詰め!楽しんで良い上映会にしよう!という気持ちが高まりました。

前回に続いて、ナオくんのおばあちゃんが保育に参加してくれました。
どうもありがとうございました。
                                                       (アサコ)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村

2013年2月22日金曜日

桜台公園であそぼう会

今日は春の日差しのあそぼう会…子どもたちは浮足立ち、朝から走り回っていました
 
今回も、たくさんの親子が遊びに来てくれました、ありがとうございます

自ら崖のぼりを始めたヨッちゃんリョウちゃん、それについていくカイたん(遊びに来てくれた子も♥)

餌のパンをカモにあげる…はずが、陸ガモが続々現れ、ミエコさんに群がりました
 
「いっしょに魚つりしよ!」とおねえさんに誘われ、うれしそうにとなりを確保するユヅ

ここにも釣り師が…
 
活動後も、池の周りで遊び続けていた見学の子たち
楽しんでくれたかな?またいっしょに遊べたらうれしいな
 
(アサコ)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村

2013年2月18日月曜日

おにぎりクッキング

雨です。でも、今日はみんなで持ち寄ったふりかけと、炊き立てごはんでおにぎりを作るんだ
みんなでお散歩しながら向かうよ~

バラ園にご厚意で入れていただきひとごこち…ありがとうございました

さて、みんな手を洗って、水でぬらして準備OK!





「ごま、いれる」とナオくん
ヨッちゃんのマネで、容器を持った手を反対の手でトントンと叩くのがブームになりました
 
子ども6人でご飯5合ペロリ!大盛り上がりのおにぎりクッキングでした
 
(アサコ)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村

2013年2月8日金曜日

凍える!金曜PP

今月も、ぷちPP改め(一日通しになったので)金曜プレイパークにおじゃましました!
今年2回目の凍てつく寒さ…風がビュウビュウで大人も厳しい回となりました

こんなときは、綱引きであったまるぞ!オーエスオーエス(なつかし)

こちらは元気っ子たち

こちらは寒いの苦手なおふたりさん。ブルーシートのおうちでやっと笑顔が出ました

おちびさんたちも集まってきたよ

最後は、木の根もとでお休み中の虫さがし。なんだかぺんぺんらしいひと時でした
 
お迎えに行っただけでも寒さが身に染みた日でしたが、
冬が始まる前は、こんな日が冬中ずっと続くものだと恐れていたのです
ふたを開けてみれば暖かくてまったりな日がほとんどで、
外で過ごす冬も悪くなかったね…春はもうすぐそこ!
 
(アサコ)


にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村

2013年2月4日月曜日

おみせやさんごっこ

上映会準備でそわそわの母たちを映すように、子どもたちも落ち着かない日々ですが、
今日は大学生のおねえさんも来てくれて可愛らしい遊びが盛り上がったようです。
今回もミエコさんの今日の様子でお送りします!                       (アサコ)

雨の予報とはうって変わって、暖かな晴れのお天気でした。今日もゆるゆると遊んでお弁当も食べて、またひと遊びしてからケアプラザへ移動となりました。
大人が多いことで子どもたちが距離的にも遊び的にも散らばりやすい傾向があり、新しいメンバーが入って息が合わないところでのケンカが目立ちましたが、子どもたちは柔軟なので、数回過ごしたら落ち着いてくるのでしょう。リョウちゃんが久しぶりに来てくれて、本人も大きい子は大興奮!その分目が離せませんでしたけれど、カイちゃんは喜びのおかげで久しぶりに大人なしで大きい子の勢いある遊びに加わっていましたね。














 

いろいろ落ち着かない傾向が高かったので、今日はさりげなく遊びをしかけるようにしてみました。ケガをしているユヅちゃんとまだ慣れない小さい子のそばにいたかったのですが、大きい子がかなり離れすぎてしまいそうだったので、大きい子の座るあずまやに小さい子たちとお邪魔してみました。訪問客のリクエストに一生懸命応じてくれるよっちゃん、リョウちゃん、カイちゃん。出してくれるごちそうは、ちぎれた枯葉1枚とか小石一粒とか土くれなどと色気がないのだけれど、ずいぶんごっこ遊びが続くようになってきて、そのうち自分たちで柵の向こう側に一人ひとつずつのお店をつくって「アイスクリーム屋さんですよ~」なんて始まって、びっくりしました。小さい子は近すぎず遠すぎずその様子に刺激を受けていたようです。静かに様子を伺うことの多いヒーくんもじぃっと見る目つきが真剣でした。シュンちゃんもミエコと緑の葉っぱをたくさん風呂敷バッグに入れておみやげにしましたよ。




































冬は開放感のある池の広場は楽しいみたいなので、しばらくそこで遊んでからシュンちゃんとこっそり山に上って「お~い」と呼びました(とっても掛け声が気に入って何度も)。少しずつみんながやってきて、木の切り株でクッキングしたり、かくれんぼしたり、どんぐりひろったり。「ナオくんの好きなどんぐりだね」ミエコの声に「どんぐりナオくんにあげるの」とユヅ。ナオくんはもらったどんぐりをお気に入りのポッケに入れたみたいです。

 ヨッちゃんがおねえさんにあげたサザンカをユヅがもらうと、ヨッちゃんはすねてしまって自分からサザンカを返したユヅ。収まりきれない思いをぶつけられず何とも言えない表情をしながら「キライ」「キライ」としばらく呟いていましたが、ふとシュンちゃんの肩をトントンと叩いて微笑み合い始め、ナオくんも加わって団子のようになり素敵な雰囲気でした。













弁当後は大きい子と(リョウくんも!)池を走ったら、またひと盛り上がりして遊びが始まり時間が足りないくらいでした。                                          (ミエコ)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村

2013年2月1日金曜日

怒ってる!

今日は天気が良くてポカポカ、親はまったり気分でしたが、子どもたちにはドラマがたくさん…
久しぶりに^^ミエコさんの今日の様子をいただいたので、完全版でご堪能ください!     (アサコ)

大きな大きな幼虫  

畑にも木片チップが敷き詰められ、広々と気持ちのいい空間になっていました。今日は暖かくなりそうな予感。「ミエコ~、来て~!」と大きな声。見ると、木片チップから這い出て、大きな大きな幼虫が転がっているのでした。10センチ近い大きさのカブトの幼虫、久しぶりの虫の存在に怖さ半分、興奮半分で広い敷地を走り回り始めたヨッちゃん、カイト、リョウくん、ユヅちゃん。リョウくんは平気でつかんではポイッ、つかんではポイッ。虫とり名人のはずのヨッちゃんは怖くて手袋をしてつかんでいましたよ。












 
 
入会を決めて、2回目のリョウくんはすっかり仲間に加わって遊んでいました。薪を積みあげた山を上ったり、大きな犬を触らせてもらったり、鶏を見たり、葉っぱをちぎったり、暖かいと思い思いに過ごすだけで楽しくなるのは不思議です。














しばらくして「あれ?幼虫は?」とミエコが聞くと、置いたはずの鶏小屋の前にない。ヨッちゃんが「ないよ~」するとリョウくんがやってきて、「あそこにおいたよ」とか、カイトが一緒に探したりとか、子どもたちだけであれこれやり取りを始めて、すごいなあと思いました。最近トラブルが起きた時も、子どもの間で誰かが注意したり止めたりする姿が見られ始めています。ケンカも単純なケンカではなく「理由のはっきりしたケンカ」が増えてきています。とっさの危ないときは止めて、大きなケガには気を付けて、危なくない時は大人はなるべく存在感を消して見守ってみましょうね。きっといろいろなドラマが見られますよ。

小さな春を体いっぱいで感じました














畑でのんびり楽しんだので、お弁当を背中にしょって川原の散歩へ。自然と手をつなぎ始めて、7人と長~~く繋がって歩き始めました。広い景色の中を歩くのは開放感があってみんないい表情でした。朝から笑顔を見せてくれたシュンちゃんも、病み上がりなのに「ぺんぺん行く」と言ったナオくんも、ニコニコ楽しそう。なんと大好きな電車の見える散歩コースで大満足顔でした。














暖かいので地グモが出てきてミエコが捕まえるとみんな目をまるくして見つめたり、陽だまりにオオイヌノフグリやホトケノザが咲いているのを見つけてお母さんのおみやげにしたり、見晴らしのいいサイクリング道路の道端で座り込んでお弁当を食べたり、小さな春を感じてきました。














道路にヤマトくんとユヅが並んでしゃがみこむ姿がとても微笑ましく、カメラを向けた直後ケンカが始まって、ユヅがヤマトくんの髪の毛を激しく引っ張っていたのがおかしかったです。
それからヤマトくんが「ミエコさん、コケコッコって聞こえたよ」と、ナオくんが「ミエコちゃんとおててつなぎたい」と名前を呼んでくれて、嬉しいことがたくさんの一日でした。


「カイトのこと、怒ってる!」














お弁当の後、開放感の中遊んでいてカイトが石を投げました。少し大きめの石がヨッちゃんの頭に当たり、ヨッちゃんは頭を抱えてうずくまりました。すかさずミエコが駆け寄って話しかけると、カイトは事の大きさに戸惑ったようでした。「ママと一緒に石投げたよ」「畑の方に投げる」「畑に帰ろうよ」と話を逸らそうとする。大丈夫だと確認した上で「血が出ているかもしれないから、ヨッちゃんの頭を見てみようか」とミエコに言われ、顔色が少し変わる。「血は出ていなかったね。出なくてよかったね」と言われ、また話と視線を逸らし始めて・・・
「怒ってる!」と突然ヨッちゃんの怒鳴り声。「怒ってる!」「明日も、その次も!」「遊んでもずっと怒ってる!」。普段言葉は多くないヨッちゃんが、幼い表現ながらも怒りの気持ちをしっかりと言葉にする姿に驚きました。ミエコが同じ言葉を一言ずつカイトに伝えなおすうちに、カイトの顔色が変わっていくのがわかりました。後悔?戸惑い?そんな言葉で簡単に表現できないくらい、いろんな思いがカイトの頭の中を渦巻き始めたようでした。

小さな声で、「ごめんね」

普段は「ごめんね」を短絡的に要求しないようにしていますが、今回は一つの選択肢として聞いてみることにしました。ちょっと控えめに「カイちゃん、ごめんねって言ってみる?」。するとカイトは真顔でうなずいて、「ごめんね」。小さくてやっと聞こえるくらいだったけれど、声は真剣でしたヨッちゃんは一瞬ハッとカイトを見た後、一声唸って威嚇。しばらく沈黙が続きました。
大人の言葉が入りやすいカイト。しまじろうのDVDを見て「貸~し~て、い~い~よ♪」と歌っていたカイト。友だちに怒りをぶつけられて、もしかしたら初めて真剣に「ごめんね」と言ったかもしれません。ホンモノの体験から出てきた言葉には重みがあります。普段立ち直りに時間のかかるヨッちゃんは、その後1分もしないうちに機嫌をなおし、カイトにリュックをとって渡していました。思わずカイトは張り裂けそうに大泣きしましたが「もう怒っていないみたいだよ」と伝えると、安心した表情で2人で手をつなぎました。笑ったり走ったりしながら、一緒に畑まで帰っていきましたよ。     (ミエコ)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村