「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2015年2月25日水曜日

写真展&お話会開催します! 3/12~3/31

写真展
おおきな空の下で
〜青空保育とこどもたちの四季〜


©Satoshi Konuma


ぺんぺんぐさの子どもたちの様子を、写真家、小沼諭さんに、四季を通して撮って頂きました。その写真展を、おいしい季節の食べ物がいただけるカフェ、ここにわさんの壁をお借りして開催します。

写真に撮られているのは、ぺんぺんぐさ創立1年目の終わり頃から、2年目にかけての約1年間。まだ少ない人数だったけれども、弾けるように遊び、幼いながらも、濃密なやりとりをしていた頃の大切な姿です。


©Satoshi Konuma





日にち
3/12(木)~3/31(火)
場所
ここにわ
火~金曜日 11:00~17:00

◎季節のごはんと、飲み物のおいしいカフェです。
飲み物やごはんと一緒にご覧ください

お問い合わせ
penpengusaevent@gmail.com
090-7633-8760
青空保育ぺんぺんぐさ/山本ペロまで

会場の中には、小さなおうちがあります。
そこは通称「ペンペンギャラリー!」。

母たちが「見守り当番」中に撮影した写真や、
子どもたちの工作、ミエコさんのコメントつき写真など、
子どもの元気爆発の家になる予定!
こちらもお楽しみに!


----------------------
さらに、この写真展を記念して、お話会を開催します!

「外遊びの大切さと、その魅力」
3/12(木)、10:00~ ここにわ にて

外で遊ぶことで、子どもたちの心と体に何が起きるのか?
ここにわさんのおいしい飲み物を飲みながら、
里山保育の経験豊富なミエコさんから、10組前後で、
じっくりお話を伺い、質問できる会です。

参加費:1,500円(ここにわのおいしい飲み物つき)

12時からは、ここにわさんの春ランチをいただきながら、
ミエコさん、ぺんぺんぐさの母たちと懇親会ふうに、
ざっくばらんにお話もできます。

お申込みは、
penpengusaevent@gmail.com
青空保育ぺんぺんぐさ/山本ペロ

まで、
お名前/お子様の年齢/緊急ご連絡先/ランチをご予約される場合はその旨をお書きください。
(ここにわ春ランチは1000円程度、お子様用ランチは500円程度、離乳食のお持込は可能です)



この写真展は、二子玉川心理ケースワークオフィスにご協力頂き、開催させて頂いております。

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村

2015年2月18日水曜日

お散歩とちゅうのバス見学

大きい子の水曜日、今日はお散歩後に母たちはミーティング
(月に1度、子どもたちの育ちを語り合います)を控えているので近場にお出かけです

ほんのパラパラ程度の雨の中、バスの営業所を通り過ぎようとして…
ちょっとご挨拶させていただくことに

すると、なんと!見学させてくださると!

みんなで点検の終わったバスに乗せてもらい(ひしめく…)、

「ちょっと動きまーす、みんな座ってね」
いつもはひとところに固まって座りますが、今日はてんでに好きなところに座れる幸せ
窓ぎわも取りほうだいだよ~

移動先は…洗車場!乗車したまま洗われちゃいました。コーフン!

最後にそれぞれ運転席に座らせてもらいました
営業所のみなさんありがとうございました!

さて、お散歩は続く

あったかい部屋に着き、ブルーシートを敷こうとしたら大騒ぎ
大人が何度もブルーシートの屋根をふくらませると、
子どもたちは静電気で髪をパリパリにしながらはしゃいでいました

お弁当の後、保育者ヨッシーに闘いを挑む子どもたち
ゆっくりお弁当を食べていたヤーくん「お弁当終わったら、ウルトラマンギンガだから行かなくちゃ」
そうか、おつとめご苦労さまです…食べ終わると素早く片づけて仲間入りしていました

こちらは、ヨッシーにお弁当を差し入れする方たち

ちぎっては投げ…の合間に「いただきます!」と忙しいヨッシー
室内でちょっと放心状態…だった私としては、保育者さんてすごい、と再認識でした

(アサコ)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村

2015年2月13日金曜日

ぷちプレイパーク

寒い日が続いていますが、今日は日差しが暖かい
プレイパークには初めての方もたくさん来ていて賑わいました


ハンモックに乗って揺られる子、押す子
誰も押す子がいなくなると、誰かが「じゃあ押す!」とおりて来ました

プレイリーダーさんが作ってくれたお家(テント?)

のぞいてみると、ネイルアート中でした

明日はバレンタインデーということで、チョコレートを作っているんだそう
泥だんごたっぷりのチョコレートできあがり

泥だんごやさんをしていたシュンちゃんが、
「電車が好きな子どもは何ていうでしょうか?……コテツ!!」とニコニコ
「電車が好きなママは?」と聞くと、
「コテツ!!」
「じゃあパパは?」「コテツ!!」
得意げに笑うシュンちゃんに私も笑ってしまいました

お昼ごろになると日が陰ってきて…
世話人さんが作ってくれたあったかいすいとんがおいしかったね

(アサコ)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村

2015年2月8日日曜日

ツルツル、コロコロ、冬の森

この日は大きい子の里山への遠出の日。

ついに、1歳頃からこの会に参加しているダイチが、はじめての里山へ出発!
長らくみんなから愛されてきたダイチが、ついに大きい子クラスに…! 
おばちゃん(ペロ)は時の流れ、そして、成長のあまりもの速さに、涙にじみます…。 

雪触ったら、手がつめたい~!


田んぼに氷が張っているところを発見! ほんとにスケートリンクみたいにツルツル滑ります…!
面白いように転ぶ子続出! 


そして、今日も森の中へ…


あれっ むこうに何かあるぞ!




藪に囲まれて、人に忘れられたかのような谷戸?の奥に、雪が降って何日も経っているのに、ふわふわの雪が積もったままの場所がありました!



うわーっ とゴロゴロ転がる当番(ペロ)を冷やかに見つめる子供たち…


草履で雪の中を平気で歩いている子たちが何人も…! 


雪だるま作ろう~♪



こちらでも、もうひとつ雪だるまを作り始めました…が、
なにかモメてる模様…


ヒナタ「マオはヒバんちとハナんちとツヅんちは行っちゃダメだからね…ねーっ!」

ヒナタんちは行ってもいいのか…!(笑)


雪だるまできました!


もうひとつの雪だるまは、癒し系な顔立ち。草を頭に乗せたら「カッパだね!」。



もう春の花が咲き始めている上にシートをしいて、ご飯。


「手伝ってあげるよ」と、食べ終わった弁当箱のバンドを開いて、止める作業をしてあげてます。比較的新入りの子たちの間でも、こんなやりとりがあるのが、うれしいです!(小さい子組でもすでにあることではありますが)


帰りは「よーい、どん!」で走ってバス停まで。
先週と大体同じくらいのところを歩いてるはずなのに、みんなとっても元気!


帰りのバスの中でも元気(汗)。
ほとんど疲れた様子を見せず、駅まで着きました!

ダイチも加わって、さらに人数が増えてにぎやかになった大きい子組!
3月の卒会まで、みんな楽しんでね~!!
(ペロ)
にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村

2015年2月1日日曜日

しずかなしずかな谷戸へ

今日は、久しぶりに森の中へ…
この辺に来たのは、ちょうど一年ぶりです。

その頃、私(ペロ)は見守り当番に全然慣れず、
将来慣れる気もせず、
先輩ママのみごとな子どもさばき(?)に、
ただただ口をあんぐりして見ているだけでした…

それから一年、子どもたちとも仲良くなり、
あんまりやっていることは変わらないけれども、
一番変わったことといえば、とてもリラックスしているということ。
(超ベテランママと一緒だったからというのもあるが…)
そして、何せ去年と違うのが、
この辺に詳しいよっしーも一緒だということ!

里山へ出かける水曜日の当番は、
たぶん2か月ぶりくらいですが、
前は、大人やお母さんと一緒に不安げだった子たちも、
一緒に手をつないで、楽しげに会話をしていて、
成長のあまりにもの速さに、涙がにじんだ私…

「よーい、どん!」と声をかけると、
みんな一斉に走り出します。


その後、笹薮の中を探検して、少しだけ高いところから保育士さんたちの
力を借りて降りると、先に降りた子たちが、降りる時に投げたリュックを拾って
持たせてあげたり、すっかり協力しあうようになりました。



すっかり森の住人。どこかな?




やがて、ミエコさんが一番大好きな場所というしずかな谷戸へ、
「龍のひげ」の実を探しながら、歩いていきます。

光が神々しく差して、子どもたちが美しい…


こんなに実拾っちゃった!




お昼ご飯には、この日開かれるだるまのお祭りが話題に。
思わずだるまになって転んじゃって起きれない子がひとり。





お昼ご飯後に、ちょっと田んぼを走って…


帰りも、バス停までところどころ「よーい、どん!」したら、
「もう~フラフラ~」と言ってた、最近大きい子組に入った子も、
元気に走り出していました!

お祭り騒ぎだった夏をすぎ、なんとなくヒマをもてあましはじめた秋もすぎ、
そして冬になって、ぐっとみんなの距離が近くなって、
仲良しになった気がします。
一年の四季とつながるように、子どもたちのようすも変わっていく、
それを見つめるのが、なんだか楽しみになってきました…のに、
あと数か月で卒会です。

(ペロ)
にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村