「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2015年10月29日木曜日

青空の下で...

お久しぶりです
そして私が当番の日は何故かイレギュラー続き...
通常保育なのはいつぶりかしら?
合同活動の日です

この日はお天気が良くて気持ちよかった~
朝は寒いのに日中は暑いから
毎日着る服を失敗してます...


青空の下各々遊ぶ子どもたち
そしてこの日初バッタのカレ
真剣な表情が素敵~

保育士のみえこさんと子どもたちのバッタ探し
私も一緒に探したけど1匹も見当たらず...
みえこさんは「あーいたー」と
次々にバッタを見つけて
子どもたちに教えてました

私ももう少し修行しなくては!!笑

そしてバッタ探し中に転んだ息子
手を貸そうかと思ったけど
そういえば手と口は出さずだった...と思ったら
ハーチャンに助けを求めてました
3歳の力で大丈夫かなー?って思ったけど
普通に引っ張ってくれて立ち上がりました


そこに大人は加入してない


こっちの心配なんて
関係なく普通に助けてた

子供は知らないとこで成長してる
その成長についていけてないのは大人なのかも?

こういう瞬間が大好きです



そんな中黄昏れてるカレとの会話は
「6歳になったらねー小学校にいくんだよー」
来年小学校にあがるお姉ちゃんの影響かしら?
小学校は憧れなのかもね


次に始まったのは忍者ごっこ~
あれ?1人忍者じゃない子もいるね
忍者チームは年少さん
なりきってます!!

実は忍者たちの下では少し早い絵本の時間
預けが始まったアイチャンはママ大好き
しばらく泣きっぱなしで
みえこさんがずっと抱っこしてくれました

みんなで絵本読んで
うたを歌って少し落ち着いたみたい

それを見守ってたのが忍者たち

寂しそうな子
泣いてる子
みえこさんはいつもピタッとくっついて
サポートしてくれます

母としても安心できる存在です



息子はマントで嬉しそう
小さい子たちにはマントが人気♪
マントをつけると飛べると信じてる息子
そのピュアな心を忘れないでね


おっと
ここでも虫を捕まえた彼女は
袋に入れてもらってる
この写真
なんだか愛が溢れてそうで大好きなのです


まだまだケンカも多い小さい子たち
はじめは水道の取り合いで喧嘩してたのに
気付いたら後ろから抱えてサポートしてた
大丈夫かなー?って思って見守ってたけど
まさか早々ケンカはなくなって
助け合ってるなんて!!

成長したなぁ





この日から本格的に預けが始まったカノジョ
お兄ちゃんは生粋のぺんぺんっ子
年中長組にいます

いつも活動後どこんこになって遊んでる
泥水にもハイハイで飛び込んでいって
自然と一緒に育ったカノジョ

お母さんがいなくなった時は少し泣いたけど
すぐに遊び出しました

私の娘(1歳)もいずれぺんぺんへ
自然と一緒に育つって素敵だなぁ

息子はぺんぺんに出会う前は
余り外遊びはしなかった

今は9時半から16時まで遊びっぱなし

そんな楽しい場所に出会えた事が
息子にとって1番幸せなんだろうなぁ


我が子だけではなく
ぺんぺんの子どもたちの成長が楽しみです

まきより