「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

応援団募集中!

ぺんぺんぐさ応援団(賛助会員)を募集しています


青空保育ぺんぺんぐさは、親も子も安心して子育てを支え合う
共同運営型・森のようちえん」とも言えます。
北欧やドイツでは公的に認められている幼児教育のスタイルで、
長野県・島根県が認定制度をつくり始めています。
ところが、日本ではぺんぺんぐさをはじめ、多くが行政からの支援なく運営しています。


わたしたちは、子育てを支え合う保育活動のほか、外遊びの機会がどんどん減っている
青葉区に、外遊びやのびのび子育てのつながりが生まれたらと願って、
以下の活動をしています。

●外遊び体験会「あそぼう会」を毎月開催
●しらとり台プレイパークに毎月団体協力・参加と育児相談のお手伝い
●外遊びやのびのび子育てのことを考える機会を設けるための
  講演会や上映会を年1回程度開催
●外遊びの実態などを知るためのアンケート調査    など


わたしたちの活動に賛同くださり、支えていただける会員を募集しています。
会費は手当や教材費など、青空保育ぺんぺんぐさの運営に充てさせていただきます。

   ■個人会員   一口 3,000円/年
   ■団体会員   一口 5,000円/年
   ■法人会員   一口 10,000円/年

上記を一口とし、何口でもお受けしています。
お礼として、ぺんぺん通信や年間報告書をお送りさせていただきます。


賛助会員に関してのお問合せ、お申し込みは下記にお願いします。
aoba.penpengusa@gmail.com  担当/内藤